既存住宅状況調査のメリット

外壁

国土交通省の定める講習を修了した建築士が、建物の基礎、外壁など建物の構 造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に生じているひび割れ、雨漏 り等の劣化・不具合の状況を把握するための調査です。建物状況調査を行うことで、調査時点における住宅の状況を把握した上で、売買等 の取引を行うことができ、取引後のトラブルの発生を抑制することができます。既存住宅購入後に建物状況調査の結果を参考にリフォームやメンテナンス等を行うことができます。また、売却後のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。購入希望者に安心感を与え、他の売却物件と差別化ができます。不動産売買時に、重要事項に、調査を行ったかの有無の記載をしなければならなくなりました。

既存住宅状況調査費用

既存住宅状況調査技術者とは

図

建物状況調査とは、既存住宅の基礎、外壁等の部位毎に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等により調査するものです。建物状況調査は国の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士(既存住宅状況調査技術者)が実施します。既存住宅状況調査技術者が行う既存住宅状況調査(インスペクション)とは、構造耐力上主要な部分(基礎、壁、柱等)に生じているひび割れや、屋根、外壁等の雨漏り等の劣化事象・不具合事象の状況を、目視、計測等により調査するものです。破壊検査、瑕疵の有無の判断、建築基準関係法令への適合性の判定等は含みません。

調査手順

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

既存状況調査の内容

外壁

建物の構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分が調査対象部位です。具体的な調査箇所は工法により異なりますが、構造耐力上主要な部分に関しては「基礎、土台及び床組、床、柱及び梁、外壁及び軒裏、バルコニー、内壁、天井、小屋組」、雨水の浸入を防止する部分に関しては「外壁、内壁、天井、屋根」が一般的です。オプション調査を依頼する場合を除き、建物状況調査を実施する者によって調査対象部位が異なることはありません。調査の内容は大きく2つに分けられます。外部(基礎、外壁、屋根)、内部(床、壁、天井)です。床下、小屋組等、通常調査で視認できない部分は、調査出来無かった部分に含まれます。これらは、追加のオプションに含まれます。各調査は、目視、非破壊検査で行われます。詳細な調査は別途になります。調査に要する時間は概ね3時間程度です。

調査内容(木造例)

外壁 外壁 営業 営業

①基礎(構造)

基礎のヒビ割れ等の状態調査

②外壁・軒裏(構造+雨水)

外壁の劣化、雨水等の状況の調査

③屋根(雨水)

屋根材の状況等の調査

④バルコニー(構造+雨水)

部材の状態の状況等の調査

⑤土台・床組(構造)

土台の状態、床組の状態等の調査

⑥床(構造)

床の状態、傾斜等の調査

⑦柱・梁(構造)

柱のたわみ、劣化等の調査

⑧内壁(構造+雨水)

壁の状態、傾斜等の調査

⑨天井・小屋組(構造+雨水)

天井の状態、小屋組の状態等の調査

※基礎コンクリートの鉄筋調査、圧縮強度調査はオプションです

建物状況調査料金表( 消費税別)

住宅建物状況調査(木造・鉄骨) 報告書調査・作成 125㎡以下、6万円
床面積加算 25㎡ごと加算+3000円
アパート・RC造状況調査 報告書調査・作成 要相談※鉄骨造は基礎鉄筋検査要
タイプ別 ※住戸型、住棟型で費用が異なります
オプション1 基礎鉄筋調査(要相談)+2万円
オプション2 コンクリート圧縮強度(要相談)+2万円
オプション3 床下調査(内部が進入できる場合) +1万円
オプション4 屋根調査(ハシゴを使用する場合)+2万円
オプション5 設備調査(要相談)+2万円
オプション5 簡易図面制作費+3万円

その他の費用(遠隔地の交通費等)

・図面作成、耐震調査費用、は要相談

※調査内容・費用は、相談してください

建築サポートお問い合わせはこちら

※一部図・写真は国土交通省HP転載

TOP