プラン(図面)のセカンドオピニオン

プランに問題がありますか?

住宅情報

ハウスメーカー、工務店、設計事務所等で、家のプラン(図面)や見積書を作成してもらうことが多いですが、何かピントこない、漠然とした不安がある場合があります。このまま進めて良いのか悩むことがあると思います。医療の世界では、セカンドオピニオンがあります。治療方針を別なお医者さんに意見を求めることです。これにより安心して治療を進めることができます。家づくりでも同じ事が言えると思います。第3者にチェックしてもらって、安心して、家づくりに進めることが出来るのではないでしょうか?初回無料相談しています。

セカンドオピニオン依頼はこちら

セカンドオピニオンの手順と費用

購入

セカンドオピニオンの費用が掛かる時期。

御希望のプランいなっているか?

眺望

家のプランや見積のセカンドオピニオンを求めてみませんか?事務所では、プランの問題点をチェックして、改善点を指摘します。何故、問題があるかを項目別に解説します。さらに、改善する方法を提示します。御希望の場合、改善プランを提案します。費用は、初回のプランの問題点のチェックまでは、無料です。アドバイスを求める場合は、下記のセカンドオピニオン依頼で申し込みを御願いします。申し込み依頼に、図面を添付してください。3日以内に回答します。見積書のチェックは別途相談(要費用)してください。

セカンドオピニオン依頼はこちら

問題点を指摘セカンドオピニオン

都市計画図

添付ファイルで送られた画像、プラン(図面)の問題点を図面に分かり易く表記します。何が問題なのかを具体的に表記します。例えば、通風、採光、耐震、動線等、どこに問題があるかを指摘します。ここまでのアドバイスは1回に限り無料です。セカンドオピニオンの問題点を、プランを作成した会社に、相談してください。建築的に難しいこともありますが、セカンドオピニオンに対して、丁寧に対応しない会社ならば、家づくりの依頼先を再考する必要があります。家づくりの方法は、どれが最良と言えるものではありません。依頼者の価値観により家づくりは変わっていきます。

何が問題ですか?

民家

さらに、詳しくアドバイスを求める場合は、図面に具体的に、どこを直せば良いのかを表記します。費用は5000円/回(税込み)かかります。プランの問題点を解決するには、幾つかの方法があります。プラン(図面)の修正をする。通風などを改善するために、設備機器を使用する。部屋の用途を変更する。これの方法を組み合わせて問題点を改善します。家づくりは、プランの良否、材料の質、設備の仕様等で大きく変わります。様々な条件を勘案して、最善な設計図ができあがります。

図面修正提案

民家

もし、プランが納得出来ない場合は、セカンドオピニオンで、プランを修正してみませんか?図面を参考例のように、階段位置を変更して、居間を広くしました。階段の位置により通風の改善をしました。キッチンから玄関の動線を確保して、利便性をはかりました。これら図面を作成するには、費用が3万円から((税込み要相談)かかります。家づくりは一生ものです。不安があるのであれば、セカンドオピニオンを求めてみてはいかがでしょうか?

セカンドオピニオン依頼はこちら

TOP